YKKロゴ
トップ画像

トップページ > 社内ニュース > コ ラ ム

コラム
ポイント
第10回コラム:発達障害早期発見について
青ライン
ホームページ担当者です。

先日、何気なくテレビをつけると、たまたま発達障害(特にアスペルガー症候群)の特集をやっていました。

今、ある大学で、8歳以下の子供の血中にある中性脂肪の量や、人の顔を見るときの視線、脳のCTスキャンを行い、特定の神経の成長を調べたりすることで、早期発見につながるという研究がされているそうです。

番組の中でも、大人になって何かちがうと感じ、そういった早期発見の手だてを求める声や、その後の生活への不安等たくさんの悩みを抱えている方々が多くいらっしゃるということを改めて知りました。

早くわかることで、解決には決してならないのかもしれませんし、また、分かることでの葛藤や悩みも生まれることもあると思います。ただ、そういった悩む経験もふまえ、そこから大人に成長するまでの色々な準備期間ができるという意味で、早期発見は重要なのではと感じました。

これからも引き続き注目していきたいと思います。

2012年5月29月
ホームページ担当者

コラム一覧